検査・測定機器紹介

メタトロン『SAKURA』

メタトロン

世界39カ国の医師や治療家が使用する波動医学測定器
測定時間5~30分で、不調とその原因を調べ、
今日からの生活にお役立ていただきます。
・最近身体がすぐれないことが続き、不安を感じている
・原因不明の不調と長年つきあっている
・慢性的な不調が、重たい病気にならないか不安に思う
・自分の体調にあった食べ物を知りたい

シセイカルテ

シセイカルテ

コンピュータを使って、足裏にかかる体重の荷重バランスを測ります。
足裏全体に均等に体重が乗るのが理想的ですが、人によっては前荷重になったり、外側に体重がかかったりと、かたよりができることが多いようです。
そんなかたよった状態で何年も過ごしていると、腰が痛くなったり膝に負担がかかったりしてきます。

アミカ(真皮間質液測定装置)

アミカ(真皮間質液測定装置)

私たちの皮膚は表皮・真皮・皮下組織の3層から成り立っています。

アミカは真皮層の間質液(コラーゲンやエラスチンなどの細胞外マトリクス)の水分量やイオン濃度を測定します。
皮膚に微弱なパルス(短時間の電圧)をかけると、水分の多い真皮層の中で、電気が集まるように移動します。アミカはこの特性を用いて、真皮層の間質液の濃度や水分量を測定し身体の不調の原因を見つけます。(一般的には、矩形波応答と呼ばれる物性試験です。)

ボディーチェッカー

ボディーチェッカー

ボディチェッカーはこれ1台で血管年齢とストレス度を同時に測定することができます。

加速度脈波から血管老化度を測定
指尖容積脈波を測定し、末梢細動脈の血流動態を分析。
心拍出強度・血管弾性度・残血量等の血流状態を確認し、血管老化度を測定します。

心拍間変異分析からストレス度を測定
心拍間の微細な変化を利用して、自律神経の活性度および交感神経・副交感神経の均衡状態を分析し、ストレスへの対処能力などストレス度合いを判定します。

足圧測定(フットグラフ)

フットグラフ

コンピュータを使って、足裏にかかる体重の荷重バランスを測ります。
足裏全体に均等に体重が乗るのが理想的ですが、人によっては前荷重になったり、外側に体重がかかったりと、かたよりができることが多いようです。
そんなかたよった状態で何年も過ごしていると、腰が痛くなったり膝に負担がかかったりしてきます。

超音波画像観察装置(エコー)

超音波画像観察装置(エコー)

エコー検査とは、身体の表面から人の耳には聞こえない超音波を当て、体内の組織にぶつかってはね返ってきたエコー(こだま)を画像に映し出す検査になります。

痛みはなく、放射線の問題もなく、繰り返し行うことができる検査です。
当院では、身体の外面だけでなく、身体の内面の原因も追究し治療を行うことができる医療機関の為、症状の原因追究に関しては徹底して行わせて頂いております。体の内面を確認しながら治療を行うた め、早期回復の一助となり、ご自分の症状がどのようなものか確認できるため、安心して治療を受けることができます。

治療機器紹介

スーパーライザー…近赤外線治療器

スーパーライザー

コンピュータを使って、足裏にかかる体重の荷重バランスを測ります。
足裏全体に均等に体重が乗るのが理想的ですが、人によっては前荷重になったり、外側に体重がかかったりと、かたよりができることが多いようです。
そんなかたよった状態で何年も過ごしていると、腰が痛くなったり膝に負担がかかったりしてきます。

スーパーフィート(インソール)

スーパーフィート

歩き方、足の形状などを確認し、足のどの部分に大きな負荷がかかっているかなどを検証し、それに応じて最適の、オーダーメイド・インソールをお作り致します。外反母趾でお悩みの方からO脚、また頭痛や肩こりの症状改善も期待できます。また製作後は、そのインソールに基づいた歩き方の指導も行っております。検診から製作までの所要時間も20分ほどで出来上がるため、お急ぎの方でもご利用可能です。

セラゼムマスターV3

セラゼムマスターV3

セラゼムマスターV3に搭載された脊椎スキャニング機能とAPMS(進歩した加温加圧ヒスイ球軸移動システム)があなたにぴったり合うリラクゼーションを提供します。
身長が人それぞれ違うように、脊椎の長さも違います。使用者の脊椎をスキャニングし、今まで体験したことのない、アナタの身体に最適なリラクゼーションを実感できます。
セラゼムマスターV3に搭載された内部加温加圧ヒスイ球軸が頭から骨盤まで動き、使用者の脊椎の長さ及び屈曲度を測定し、使用者に合うリラクゼーションを提供します。頸椎から尾椎まで個人別に違う脊椎加温加圧ポイントと、脊椎の骨と骨の間にあるつぼを刺激します。

超短波観察治療

超短波観察治療

毎秒2700万回も振動する超短波は身体の深部約16㎝まで達します。
この微細な超短波振動は、脂肪層を透過する際、分子が回転し、体の深部で熱を発生させ温熱効果が生じます。
超短波治療器は他の治療機器(岩盤浴・ゲルマニウム浴・赤外線・極超短波治療器等)よりも短時間で深部までしっかりと温まり、更に効果も長持ち致します。
また、腰部の交感神経節への照射では、自律神経の緊張を和らげ、血管拡張作用をもたらします。これにより代謝機能の改善や内臓機能の調整の他、肩こり、腰痛、頭痛、腹痛、生理痛、不眠、足やひざの痛みなどの不定愁訴の改善にも非常に効果を示します。
現代の冷え症は、従来型の手足が冷たいという症状だけでなく、手足のほてり・浮腫(むくみ)・クーラー病による肩こり、腰痛、関節痛、セルライト等様々な症状の原因となっております。当院では超短波治療器を照射し、このような症状のお悩みを解消いたします。